2015年02月19日

【Facebook 5days Art Challenge】2日目

1日目の昨日は怪獣について書いたので、今回は女の子……じゃなくて(笑)メカについて。
実際のメカというか機械というのは多くの場合複雑で、小さい子供にとって描くのは至難の技なんですが、だからアニメの簡略化されたメカというのは、いい取っ掛かりなんですよね。まあ最近はアニメのメカでも複雑ですが(^_^;)

で、メカが主役になるというと、やはりロボットものということになって、マジンガーZが今に繋がる流れの起点になるんですが、カッコイイと思いつつも一方で子供心にも構造やディテールなどに「マンガ的ウソや省略」があることはわかっていて、でもそれはアニメだからそういうものだと思ってOKだったわけです。しかしそんな中におりょっと出てきたのが…。

1.宇宙戦艦ヤマト(再掲)
 まあ何を置いてもこれですよね。いろいろ凄かったわけですが、先述の文脈からいうと「(デザインや描写として) 子供が描けるようにとか分かりやすいようにとか、そういう遠慮が全然無え!!」って感じがガツーーンとありましたね。それに対してこっちもすごくチャレンジ魂に火がついたわけです。
yamato1-2.jpg

2.大空魔竜(再掲)
自分にとって「描ける」というのは、「全部覚えて空で描ける」ということで、だからこそヤマトは超弩級の難敵だったわけですが、同時期に同じような「空で描けたらスゴイ」に位置していたのが大空魔竜でした。今見ると普通にスーパーロボットなレベルで、特に線が多いということはないんですが、自分の中ではなぜか難しい印象でした。複雑というより、巨大感を表さなきゃいけない、なのにヤマトと違ってポーズがつく、というのが難しかったのかも。
daiku-maryu.jpg

3.超電磁ロボ コン・バトラーV(描き下ろし)
  ヤマト、大空魔竜と並んで「描けたらスゴイ」と思ってたのがコレ。それまでのロボットとは明らかに一線を画すメカメカしさ。そして腕や胴体が円柱や曲面じゃない!角ばってる!!立体としてちゃんと描かないと歪んで見える!!ちなみにこれだけは資料を見ないと覚えてませんでした(^_^;)。…しかし今見ると大して複雑じゃないな(笑)
IMG_0463.jpg


…というわけで、私が小学校6年生くらいの時の「3大・見ないで描けたらスゴいメカ」でした。
posted by MASH at 00:00| Comment(0) | イラスト