2015年06月12日

ゴジラなアメリカ旅行記・ヒューストンからダラスへ

ヒューストンでの ComicPalooza は5月25日が最終日。26日はフリーということで "MadMax" を見に連れて行ってもらいましたよ。
IMG_2479.jpg
アメリカでは座席指定とかないんですね。早いもの順で好きなところに座っていく。
飲み物もデカイ。レギュラーサイズでこれ。映画終了までに全然飲みきれなかった。
IMG_2477.jpg

27日に飛行機でダラスへ。ここのイベントでご一緒する、中島、薩摩、喜多川のゴジラ御三方と合流。こちらはお付き合いも長いし、昨年のニュージャージーでのイベントでも同じメンバーだったので、気楽なもんです(笑)。
IMG_2664.jpg
イベント前日の28日は、みんなで市内観光。ケネディ大統領を撃った犯人が狙撃したという建物が博物館になっていて、非常に充実した展示に、ケネディ大統領とその射殺事件がアメリカにとっていかに大きなものであったかを、改めて実感することができました。
IMG_2600.jpg
犯人がここから撃ったという6階の窓からの眺め。道路についてる「×」がケネディ大統領が撃たれた場所。奥に見えるタワーとその横のビルが今回泊まったホテル。
IMG_2608.jpg

おまけ。その場でiPhoneのアプリで作った、やっつけ合成画像。
IMG_2730.jpg

といったところで、翌日からは “Dalla ComicCon” ですが、それはまた次回。
IMG_2819.jpg
posted by MASH at 15:21| Comment(0) | 海外活動

2015年06月10日

ゴジラなアメリカ旅行記・色紙を描いたよ

アメリカのイベントにゲストとして参加して何をしてるかといえば、まあほぼ1日中リクエストに応じて色紙に絵を描いてるわけですね(希望次第で色紙と限るわけではない)。

日本でもコアなファンになると変わったリクエストは時々ありますが、向こうのファンは想像を絶するものが結構あったりします(笑)。「『ポーラーボーラー』のティラノサウルス対『恐竜・怪鳥の伝説』のプレシオサウルス」とか「'68ゴジラ&ラドンと北斎の波」とかね。「子連れ狼」なんてのもあったけど、これはイベントが「ComicPalooza」というコミックメイン(でもなんだけど)な所に、日本の漫画家が来てるというのでリクエストしただけかも(^_^;)。あ、でもその「子連れ狼」なかなか上手く描けたんだよね(笑)。頼んだお客さんもスゲー喜んでたし、写真撮っときゃよかった。

そんなわけで、最初の2日ほどは忘れてたんだけど、その後は描いた絵の記録として写真を撮っときました。リクエストの傾向は描いてても「あ、これさっきもあったな」とだいたい見えるんですが、改めて撮っといた画像を見ると、ものによっては「こんなに描いたか!」ってのもいくつかあって、ゴジラ以外だとTOP3はビオランテ、キングギドラ、モスラでしょう。日によって「あ、今日はFWガイガンが多い」とか、そういうのはありますけどね。

というわけで、「モスラ対ゴジラ('64)」のリクエストの絵を集めてみました。私は基本のポリシーとして「全く同じ絵を2度は描かない」ってのを挙げてたんですが、後半ネタ切れしてるのがよくわかります(笑)。あまりこだわり過ぎて、見栄えのしない絵になっても受け取る方は嬉しくないでしょうしね〜。
201505USA_MvsG64s.jpg

ちなみに、「モスラ親子」とか「'92年版」とか「Chibi(SD)」とかも入れたら、もっとありました(^^;)。
posted by MASH at 21:07| Comment(0) | 海外活動

2015年06月09日

ゴジラなアメリカ旅行記・ComicPalooza

ヒューストンでのイベントは"ComicPalooza"、7月22日から25日までと、これまでのアメリカでのイベントが3日間だったのに対し、初の4日間という長丁場です。

会場となるコンベンションセンター。NASAの続きではない。
image-e394d.jpg
その中。デカイ!!
広さで言えばメッセやビッグサイトの方が上のような気がするけど、デザインのためかデカく見える。
image-9200a.jpg

このように、宝田さんとテーブルを並べてゴジラコーナーを構成。
image-ee74c.jpg

去年のアメリカでのイベント参加の際も書いたけど、日本に比べ、こちらのファンは老若男女幅広い。若いお母さんと娘、なんて組み合わせも珍しくない。
image-7c9b7.jpg

トークしつつのライブドローイングショーも日替わりテーマで毎日。…いや、スタッフの手違いで1回流れましたが、それでも3回やりました。

1回目のテーマは怪獣デザインについて。ここではビオランテをメインに、デザイン依頼から決定への流れ、各部のデザインに込めた意味合いなどを、相当する部位を描きつつ解説するという、ちょっと難易度の高いネタに挑戦。メカキングギドラは時間が余ったのでオマケ。
image-455f7.jpg
2回目のテーマは、幼少期からプロになるまでの過程で影響を受けたモノを、ジャンルに縛られずに描いていく……ということだったんですが、中途半端に偏ってしまった感あり。最後の方はゴジラファン向けに「ビオランテ・初期デザイン版」と「機龍」を。
image-d4778.jpg

3回目はChibi(向こうでのSDキャラの呼称)がテーマということで、1時間の中でどれだけ描けるかのタイムトライアルという、お楽しみ企画。
image-5b073.jpg

向こうのイベントは多くのゲストを招いていて、むしろそっちがメインなのが日本のコミケなどとの最も大きな違い。
こちらは言うまでもなく、「スタートレック」のMr.カトウこと、ジョージ・タケイさん。昔の俺に自慢だ!!
image-31ee4.jpg
僭越ながら、サインを頂いたお返しを。
image-28ff5.jpg
他にもいろいろ……。ほとんど見て回る時間がなかったのが残念。
posted by MASH at 02:24| Comment(0) | 海外活動

2015年06月06日

ゴジラなアメリカ旅行記・ケネディ宇宙センター(2)

というわけで、昨日に続いてケネディ宇宙センターの見聞録を。
もうね、壁すらも見所。
image-8e4c6.jpg
image-8f4b7.jpg

案内してくれた方も元宇宙飛行士。打ち上げ時や大気圏突入時の感覚なども聞かせてくれました。
image-32400.jpg

実験棟内部。展示用なので計器類はプリントされたボードだったりしますが。
image-03922.jpg

エアロック。ここからエイリアンをプシュ〜っと…
image-e7fa5.jpg

ソユーズ。下部の球体は3人がキツキツに乗り込む。先日見学した「しんかい6500」を思い出しました。
image-5309e.jpgimage-41e5a.jpg

他にもいろいろあったけど、きりが無いのでアポロのサターンロケットを。この建物の中に横たわってます。
image-9b121.jpg
こんな感じで。デカイ!!
image-20147.jpg
メカを心ゆくまでご覧ください。これは三段目のロケットノズル。
image-a1926.jpgimage-9b429.jpg
これが二段目
image-268ea.jpg
そして一段目
image-b5775.jpg
image-ceeda.jpgimage-e57dd.jpg

…というわけで、夢のカタマリ、NASAのケネディ宇宙センターでした。
image-5e134.jpg
posted by MASH at 18:59| Comment(0) | 海外活動

2015年06月05日

ゴジラなアメリカ旅行記・ケネディ宇宙センター(1)

ヒューストンといえばNASA!

というわけで、イベント前日のフリーの1日は、ケネディ宇宙センターの見学に連れて行ってもらえることになりました。なんでも、通常のツアーでは入れないところにも行ける、スペシャルなツアーだとか。ラッキー!!
image-1d19f.jpg
最初に見学したのは国際宇宙ステーションの管制室。今実際に働いている管制室を、動物園のパンダみたいにガラス越しに見られる観覧席が設けられているんですね。
image-a4641.jpgimage-dd4c4.jpg
壁面の大きなモニターに映ってるのは、宇宙ステーションから送られてきてるリアルタイムの映像。背景の地球が動いてます。日本の実験棟の姿も。
image-0f356.jpg
次に案内されたのは、今は使われていないアポロ計画の時の管制室。ここは自由に見たり触ったりできました。時代を感じさせる設備が、むしろ我々の世代には、あの頃の夢の世界!
image-e84fc.jpgimage-bb07b.jpg
続いては広大なスペースに所狭しと並んだ様々なメカニック!
image-4deb9.jpg
下半身車なロボ
image-2c171.jpg
ツアーメンバー的に「メカクモンガ」と盛り上がるw
image-98bb5.jpg
気分は船外活動。…操作部はカバーされてるけど。
image-fe721.jpg
特殊車両にも乗せてもらう。真横にも走るぞ!
image-250e9.jpg
気分はニック・アダムスw
image-e345f.jpg
紹介しきれないので、次回に続く!
posted by MASH at 20:19| Comment(0) | 海外活動