2015年06月05日

ゴジラなアメリカ旅行記・ケネディ宇宙センター(1)

ヒューストンといえばNASA!

というわけで、イベント前日のフリーの1日は、ケネディ宇宙センターの見学に連れて行ってもらえることになりました。なんでも、通常のツアーでは入れないところにも行ける、スペシャルなツアーだとか。ラッキー!!
image-1d19f.jpg
最初に見学したのは国際宇宙ステーションの管制室。今実際に働いている管制室を、動物園のパンダみたいにガラス越しに見られる観覧席が設けられているんですね。
image-a4641.jpgimage-dd4c4.jpg
壁面の大きなモニターに映ってるのは、宇宙ステーションから送られてきてるリアルタイムの映像。背景の地球が動いてます。日本の実験棟の姿も。
image-0f356.jpg
次に案内されたのは、今は使われていないアポロ計画の時の管制室。ここは自由に見たり触ったりできました。時代を感じさせる設備が、むしろ我々の世代には、あの頃の夢の世界!
image-e84fc.jpgimage-bb07b.jpg
続いては広大なスペースに所狭しと並んだ様々なメカニック!
image-4deb9.jpg
下半身車なロボ
image-2c171.jpg
ツアーメンバー的に「メカクモンガ」と盛り上がるw
image-98bb5.jpg
気分は船外活動。…操作部はカバーされてるけど。
image-fe721.jpg
特殊車両にも乗せてもらう。真横にも走るぞ!
image-250e9.jpg
気分はニック・アダムスw
image-e345f.jpg
紹介しきれないので、次回に続く!
posted by MASH at 20:19| Comment(0) | 海外活動

ゴジラなアメリカ旅行記・宝田明さん

今回の旅の前半、ヒューストン行きは、ゴジラ関係者としてのイベントへ参加としては3回目になるんですが、これまでと何が違うって、一緒に参加するゲストが宝田明さんだってことですよ。

しかも、成田でお見かけして(同じ飛行機に乗るんだから別に不思議でもないんですが)声をおかけしたところ、今回はお付きの人も無く、お一人で参加されるとのこと。てことは、ここからずっと二人きりですか!サシですか!…ってことで、さすがに神経図太いと自覚する私でも、ちょっとビビりました。(^^;)

とはいえ、飛行機の機内では席は少し離れていたので、別々なのと変わらなかったんですが、到着後はもちろんずっとご一緒。

宝田さんは本当に紳士な方で、ホテルにスタッフが両手に大荷物を持って現れると、当然のようにスッと一方を持たれるんでるよね。もう80歳を超えておられるのに。私の方が「ちょ…ちょっ……!宝田さん、それは僕が持ちますから!」と焦ってしまいましたよ。(^^;;

日程を重ねて、お疲れになっているはずのイベント後半でも、何時でもピシッと決めておられて、ファンに対するサービス精神も素晴らしく、これが映画黄金時代のスターというものなんだなあと恐れ入ってばかりでした。

それにそれに、食事などは基本スタッフが持つところ、寿司や中華など、宝田さんにご馳走になってしまいまして、どうもご馳走様でした。そうそう、宝田さんは英語や中国語もご堪能なんですよね。いや〜カッコイイ。

今回の旅での一番の収穫は、宝田さんに気に入っていただいたことかもしれません。私が絵を描く様子を見て感心されたというのもありますが、ゴジラに詳しい私が、宝田さんとスタッフとの仲介として、程よいスタンスだったというのもあるような気がします。

なお、写真では私がポケットに手を突っ込んで生意気なように見えるけど、違いますから!!手を後ろに回してるんだけど緊張して中途半端な位置になってるだけですから!!

image-896c5.jpg
次回は渡米2日目、イベント前日に見学に行った、NASA宇宙センターのことなど紹介したいと思います。
posted by MASH at 13:45| Comment(0) | 海外活動