2016年07月30日

「シン・ゴジラ」について

「シン・ゴジラ」は、最初の「ゴジラ」は「あの時代だから作れた」で思考停止して、匹敵することを最初から放棄していた発想からは生まれようもない「この時代だから作れた」新たな原点である。

「ゴジラ('54)」以後に生まれた人間には望むべくもなかった「最初のゴジラをリアルタイムで観る衝撃」を現実のものにしてくれたのである。

それは「あの時代」に比肩する困難を再び「この時代」が現実とした抱えたということでもあるのだが、そのことをどれだけの日本人が認識しているかが最初のゴジラとの(動員の)違いとなって現れるのかもしれない。(初動は好調とのことで、まずは一安心)

「シン・ゴジラ」は、これまでのゴジラの継続と積み重ねの上にはない。それに寄らずとも、ここから始めて新たな世代の伝説のスタートと成り得る作品であり、それが出来たのは、第一には取りも直さず庵野秀明監督の才能あってのことだが、ゴジラがスターとしての地位を失い、一からやり直すしかないことを東宝が自覚していたということでもあるだろう。逆に言えば、死に体だったゴジラの奇跡の復活であり、庵野・樋口両監督には感謝と称賛の言葉しかない。

もしこの作品に不満がある人がいるとしたら、その「過去の積み重ね」で自分の中に作られたゴジラ像を絶対の価値として持っている人たちだろう。それはそれで幸せなことなので、新たな時代を遠くから見守ってほしい。

最後に、公開前に渡米した私は「シン・ゴジラ」をまだ試写でしか見ていない。それは多くのCGカットが未完成の状態のものであり、その部分を頭の中で最高の仕上がりとして補完した印象で語っている。しかしテーマやストーリー、演出は変わらないはずである。今はとにかく完成した映画を早く観たい。何度も観たい。
posted by MASH at 19:51| Comment(0) | ゴジラ