2015年06月06日

ゴジラなアメリカ旅行記・ケネディ宇宙センター(2)

というわけで、昨日に続いてケネディ宇宙センターの見聞録を。
もうね、壁すらも見所。
image-8e4c6.jpg
image-8f4b7.jpg

案内してくれた方も元宇宙飛行士。打ち上げ時や大気圏突入時の感覚なども聞かせてくれました。
image-32400.jpg

実験棟内部。展示用なので計器類はプリントされたボードだったりしますが。
image-03922.jpg

エアロック。ここからエイリアンをプシュ〜っと…
image-e7fa5.jpg

ソユーズ。下部の球体は3人がキツキツに乗り込む。先日見学した「しんかい6500」を思い出しました。
image-5309e.jpgimage-41e5a.jpg

他にもいろいろあったけど、きりが無いのでアポロのサターンロケットを。この建物の中に横たわってます。
image-9b121.jpg
こんな感じで。デカイ!!
image-20147.jpg
メカを心ゆくまでご覧ください。これは三段目のロケットノズル。
image-a1926.jpgimage-9b429.jpg
これが二段目
image-268ea.jpg
そして一段目
image-b5775.jpg
image-ceeda.jpgimage-e57dd.jpg

…というわけで、夢のカタマリ、NASAのケネディ宇宙センターでした。
image-5e134.jpg
posted by MASH at 18:59| Comment(0) | 海外活動

2015年06月05日

ゴジラなアメリカ旅行記・ケネディ宇宙センター(1)

ヒューストンといえばNASA!

というわけで、イベント前日のフリーの1日は、ケネディ宇宙センターの見学に連れて行ってもらえることになりました。なんでも、通常のツアーでは入れないところにも行ける、スペシャルなツアーだとか。ラッキー!!
image-1d19f.jpg
最初に見学したのは国際宇宙ステーションの管制室。今実際に働いている管制室を、動物園のパンダみたいにガラス越しに見られる観覧席が設けられているんですね。
image-a4641.jpgimage-dd4c4.jpg
壁面の大きなモニターに映ってるのは、宇宙ステーションから送られてきてるリアルタイムの映像。背景の地球が動いてます。日本の実験棟の姿も。
image-0f356.jpg
次に案内されたのは、今は使われていないアポロ計画の時の管制室。ここは自由に見たり触ったりできました。時代を感じさせる設備が、むしろ我々の世代には、あの頃の夢の世界!
image-e84fc.jpgimage-bb07b.jpg
続いては広大なスペースに所狭しと並んだ様々なメカニック!
image-4deb9.jpg
下半身車なロボ
image-2c171.jpg
ツアーメンバー的に「メカクモンガ」と盛り上がるw
image-98bb5.jpg
気分は船外活動。…操作部はカバーされてるけど。
image-fe721.jpg
特殊車両にも乗せてもらう。真横にも走るぞ!
image-250e9.jpg
気分はニック・アダムスw
image-e345f.jpg
紹介しきれないので、次回に続く!
posted by MASH at 20:19| Comment(0) | 海外活動

ゴジラなアメリカ旅行記・宝田明さん

今回の旅の前半、ヒューストン行きは、ゴジラ関係者としてのイベントへ参加としては3回目になるんですが、これまでと何が違うって、一緒に参加するゲストが宝田明さんだってことですよ。

しかも、成田でお見かけして(同じ飛行機に乗るんだから別に不思議でもないんですが)声をおかけしたところ、今回はお付きの人も無く、お一人で参加されるとのこと。てことは、ここからずっと二人きりですか!サシですか!…ってことで、さすがに神経図太いと自覚する私でも、ちょっとビビりました。(^^;)

とはいえ、飛行機の機内では席は少し離れていたので、別々なのと変わらなかったんですが、到着後はもちろんずっとご一緒。

宝田さんは本当に紳士な方で、ホテルにスタッフが両手に大荷物を持って現れると、当然のようにスッと一方を持たれるんでるよね。もう80歳を超えておられるのに。私の方が「ちょ…ちょっ……!宝田さん、それは僕が持ちますから!」と焦ってしまいましたよ。(^^;;

日程を重ねて、お疲れになっているはずのイベント後半でも、何時でもピシッと決めておられて、ファンに対するサービス精神も素晴らしく、これが映画黄金時代のスターというものなんだなあと恐れ入ってばかりでした。

それにそれに、食事などは基本スタッフが持つところ、寿司や中華など、宝田さんにご馳走になってしまいまして、どうもご馳走様でした。そうそう、宝田さんは英語や中国語もご堪能なんですよね。いや〜カッコイイ。

今回の旅での一番の収穫は、宝田さんに気に入っていただいたことかもしれません。私が絵を描く様子を見て感心されたというのもありますが、ゴジラに詳しい私が、宝田さんとスタッフとの仲介として、程よいスタンスだったというのもあるような気がします。

なお、写真では私がポケットに手を突っ込んで生意気なように見えるけど、違いますから!!手を後ろに回してるんだけど緊張して中途半端な位置になってるだけですから!!

image-896c5.jpg
次回は渡米2日目、イベント前日に見学に行った、NASA宇宙センターのことなど紹介したいと思います。
posted by MASH at 13:45| Comment(0) | 海外活動

2015年06月03日

アメリカから帰ってきましたよ

IMG_3059.jpg

昨日6月2日、2週間のアメリカ出張から戻ってきました。

前半の一週間はヒューストンでの "ComicPalooza"
後半の一週間はダラスでの "ComicCon"でした。
ヒューストンでは宝田明さんと、
ダラスでは中島春雄さん、薩摩剣八郎さん、喜多川務さんとご一緒させていただきました。

流石に呑気で鈍感な私も、2週間の渡米は少々疲れて、今日は1日ゆっくり休ませてもらいましたが、明日からはまた仕事再開です。

アメリカの土産話も、追い追いここで披露していきたいと思います。

それと、渡米前〜渡米中に新刊「S.H.MonsterArts DX」の通販を申し込んでいただいた方々にも、順次発送させていただきますので、今少しお待ちくださいませ。
posted by MASH at 20:43| Comment(1) | 海外活動

2015年05月20日

アメリカ行きと新刊について

今年は、この5月までだけでも随分いろいろあったのに、このブログには全然書けなかったですね……。まだ見に来てくれてる人いるのかな?(^_^;)

まあホント忙しかったわけで、忙しくなった最大の原因が明日からのアメリカ行きです(^^;)。なんと2週間の長期旅行ですよ。前半はヒューストンでの「Comic Palooza」、後半はダラスでのコミコンです。

2週間空けるってことは、普段一日10時間作業してるとして140時間のロスト。この分を補完しようと思ったら、一日に作業時間を2時間ずつ振り分けて12時間働くとしても、それが70日間。

…まあそんなふうに単純に振り分けられるもんでもないですが、なんにせよ長期に渡ってハードワークになるのは明らか(^^;;;)

さて、そんなアメリカ行きに備えて、これまでも自作の怪獣ラクガキを集めた同人誌「S.N.MonsterArts」を、サインボード代わりに持って行ってたんですが、それも在庫がほぼ尽きたということで、今回は新たに「S.N.MonsterArts DX」を作りました。

snmat01.jpg

最初は単に「S.N.MonsterArts 2」のつもりだったんですが、昨年の経験から「アメリカ人は大きいのが好き」「カラフルなのが好き」ということで、サイズはB5からA4に、ページ数もP16からP32に、さらには紙も厚くなり、表紙絵も単なるシルエットから部分彩色に、ということで「DX」と付けました。

日本でのお披露目は夏コミになるので、まだ随分先……。しかもその前にもう一度アメリカ行きの予定があって在庫も心配……ということで、このブログを見てもらっている奇特な方々にだけ、(日本での)先行頒布ということで、通販コーナー「MASHBOX」に追加しました。

ただ、今ご注文いただいても発送は帰国後の6月以降になりますので、その点ご了承ください。あと、これまでは手続きの簡略化の意味もあり、送料・手数料を350円均一にさせて頂いていたのですが、メール便の廃止、扱う冊子や色紙のサイズの大型化などのため、500円に上げさせて頂きました。重ねてご了承のほど、よろしくお願い致します。

FullSizeRender.jpgFullSizeRender-4.jpgFullSizeRender-5.jpg
posted by MASH at 04:20| Comment(1) | 海外活動