2016年08月01日

「YAT安心!宇宙旅行20周年記念本・改」について

おはようございます。未だアメリカで、こちらは今8月1日の午前5時です。
今日ここルイビルを発って、日本に着くのは日付変更線を越えるので8月2日の夕方になります。そこからはまた諸々の作業が怒涛の追い込みとなります( ´Д`)=3

さて、タイトルにもありますように、通販コーナーにて予約を受け付けていた「YAT安心!宇宙旅行20周年記念本」の重版が「YAT安心!宇宙旅行20周年記念本・改」と、微妙に変わりました。

これは重版にあたって、入稿時期などの関係で順序が五十音順になってなかった部分を入れ替えたり、その他細かな修正を加えるなどの作業をお願いしていたところ、「発起人の私のカラーページが無い」とこが気になりだして、カラーページを4ページ増やしたために、単なる重版ではなく改訂版扱いが妥当と判断したためです。

そういうこともあり、当初はコミケで印刷所が混む前に済ませたかったのですが、結局コミケ合わせの発行となってしまいました。予約いただいた方には予定より少しお待たせすることになってしまいますが、どうかご容赦ください。その代わりと言ってはなんですが追加の特典も考えています。


話変わって、私も参加する「幻獣神話展3」まで一週間、私の今年2回目となる個展「ゴジラ総進撃」まで2週間となりました。帰国したらまた改めて告知させていただきますので、こちらもよろしくお願いします。
posted by MASH at 18:28| Comment(0) | 同人誌

2016年07月30日

「シン・ゴジラ」について

「シン・ゴジラ」は、最初の「ゴジラ」は「あの時代だから作れた」で思考停止して、匹敵することを最初から放棄していた発想からは生まれようもない「この時代だから作れた」新たな原点である。

「ゴジラ('54)」以後に生まれた人間には望むべくもなかった「最初のゴジラをリアルタイムで観る衝撃」を現実のものにしてくれたのである。

それは「あの時代」に比肩する困難を再び「この時代」が現実とした抱えたということでもあるのだが、そのことをどれだけの日本人が認識しているかが最初のゴジラとの(動員の)違いとなって現れるのかもしれない。(初動は好調とのことで、まずは一安心)

「シン・ゴジラ」は、これまでのゴジラの継続と積み重ねの上にはない。それに寄らずとも、ここから始めて新たな世代の伝説のスタートと成り得る作品であり、それが出来たのは、第一には取りも直さず庵野秀明監督の才能あってのことだが、ゴジラがスターとしての地位を失い、一からやり直すしかないことを東宝が自覚していたということでもあるだろう。逆に言えば、死に体だったゴジラの奇跡の復活であり、庵野・樋口両監督には感謝と称賛の言葉しかない。

もしこの作品に不満がある人がいるとしたら、その「過去の積み重ね」で自分の中に作られたゴジラ像を絶対の価値として持っている人たちだろう。それはそれで幸せなことなので、新たな時代を遠くから見守ってほしい。

最後に、公開前に渡米した私は「シン・ゴジラ」をまだ試写でしか見ていない。それは多くのCGカットが未完成の状態のものであり、その部分を頭の中で最高の仕上がりとして補完した印象で語っている。しかしテーマやストーリー、演出は変わらないはずである。今はとにかく完成した映画を早く観たい。何度も観たい。
posted by MASH at 19:51| Comment(0) | ゴジラ

2016年07月28日

旅の空から

12年ぶりの国産ゴジラとなる「シン・ゴジラ」公開を明日に控えたこんなタイミングで、私はというとネットに繋がらない地上10,000メートルの高空で、時速1,000キロ近いスピードで日本から遠ざかりながら、こんな文章を打っているとはこれいかに。
というわけで、またまたアメリカ行きの機内です。これをアップする頃は向こうに着いてホテルで一服してるというわけですね。
ゴジラ好きのアメリカ人漫画家マット・フランクは、日本で早々に「シン・ゴジラ」を見るというのに、日本人の自分がアメリカにいて見られないとはこれいかに。
と、いうわけで、24日のワンダーフェスティバルで私やマットらが参加した「KAIJU ZONE」にお越しいただいた皆さん、どうもありがとうございました。発売から1ヶ月以上が経ち、興味を持っていただけるような方にはとっくに行き渡っているのではと思われた「西川伸司ゴジラ画集」も、持ち込み数がまさかの完売で嬉しい誤算でした。
今回一緒に渡米しているのは、昭和ゴジラ、平成ゴジラ、新世紀ゴジラ、GMKゴジラ、そして初代ウルトラマンという、日本の特撮戦力トップ5ゴッソリという感じの超強力メンバーです。
それはバラゴンやガイラ、ヘドラやガイガン、キングギドラやスーパー戦隊、レギオンやゼイラム、ウルトラ警備隊でもあるわけで、えらいことですよ。
私のスケジュールもえらいことで(笑)、帰国までにショートアニメの絵コンテ3本、帰国したら「幻獣神話展」、コミケ、そしてまたも個展ですよ。そんな中でも出来るだけ早く「シン・ゴジラ」の観に行きたいし。あ、8月1日には「怪獣キング ゴジラ」掲載のテレビマガジンも発売ですね。よろしく〜。
posted by MASH at 15:43| Comment(0) | 海外活動